必要となる収入や信用情報のハードルが高くなるケース

カードローンは利用内容によって審査における必要な基準も変わります。大きな金額を借りるのであればやはりそれなりの収入や信用情報のクリーンさが求められますが、少額の利用であれば収入が安定さえしていれば、多少は信用情報に難があっても借りられる可能性があります。

 

特に中堅の消費者金融で少額の融資を受ける場合には、現状での収入が安定している方なら信用情報に過去にネガティブな情報が記録されているとしても、数万円程度なら借りられるケースがあるのです。

 

しかし、銀行などで借りる大きな金額のカードローン利用となるとそうはいきません。収入が安定していることは最低条件となり、さらにはある程度の収入の金額まで求められます。加えて信用情報もクリーンに保っていなければならないため、ネガティブな情報が記録されているとまず審査には通りません、

 

借り方にもよりますが大きな金額を借りる場合が多いおまとめローンとしての利用においては、上記の内容はそれぞれ高いレベルで求められます。大きな金額の借り入れとなれば金利も下がるため、貸し付ける側としては利息による元金分の回収までに時間がかかります。それなのに貸し倒れとなってしまっては貸し付けたお金を回収できなくなってしまうので、審査を慎重に行うのです。

 

おまとめローンとしての利用を銀行カードローンで考えているのであれば、まずはおまとめローンの収入条件について事前にしっかりと確認をしておくべきです。